ラジオ

2017年09月17日

9月17日(日) 26:00-29:00

TOKYO FM

出演者 :平山夢明 / 京極夏彦

スペシャルであの変な番組が帰ってくる。けれど、ラジオの番組欄には載っていなかった。

聞き逃した方は1週間限定のradikoで。

ten_years_after at 23:52コメント(0) 

2017年07月24日

大森望×豊崎由美 「文学賞メッタ斬り!」7/16(日)、7/23(日)に特別番組としてオンエア!ゲンロンカフェで公開イベントも開催!
書評家・SF翻訳家の大森望さんと、書評家の豊崎由美さんが芥川賞、直木賞を徹底

「文学賞メッタ斬り!」は大森望さん、豊崎由美さんが、本の内容だけでなく、選考委員の好み、傾向や、出版社の思惑、出版業界の流れなども含めて、予想する名物人気企画です。

ラジオでのオンエアでの反響に加え、ポッドキャストのダウンロード数もラジオ日本でトップクラスの人気番組です。ラジオ日本では、2010年から年2回「ラジカントロプス2.0」(現在放送終了)で放送を続けてきましたが、2015年夏からは特別番組としてオンエアしています。

7月23日(日)放送の結果編は7月22日(土)にゲンロンカフェ(五反田)で開催されるトークイベント「文学賞メッタ斬り!ライブ in 五反田〜第157回芥川賞・直木賞徹底総括SP〜」で公開収録した模様を放送します。

第157回芥川賞、直木賞を徹底予想
『大森望×豊崎由美 文学賞メッタ斬り!スペシャル』

◇出演
大森望(書評家、SF翻訳家)
豊崎由美(書評家)
進行・植竹公和(放送作家)

◇OA日時
予想編 7月16日(日)25:00-26:00
結果編 7月23日(日)25:00-26:00

AM1422kHzラジオ日本でオンエア! (radiko.jpでも聴取可能、タイムフリー聴取可)

さらにポッドキャスト配信も!(放送翌日に配信します)
iTunes→ https://itunes.apple.com/jp/podcast/

7月22日(土)にゲンロンカフェ(五反田)で『文学賞メッタ斬り!ライブ in 五反田〜第157回芥川賞・直木賞徹底総括SP〜』を開催します。


http://www.jorf.co.jp/?topics=metta157

ten_years_after at 01:22コメント(0) 

2017年03月31日

吉田照美飛べサル[最終回]4年間ありがとう!ロバは飛んでいく!

同時間帯はデイキャッチがどーんと構えていて聴取率も獲れなかったのかとは思う。有楽町のほうは東京新聞長谷川、宮崎哲弥、有本香、高橋洋一、かつては勝谷誠彦、青山繁晴といった安倍バンザイのコメンテーターばかりでネトウヨホイホイのような番組でどのくらいの人が聴いているのかは気になる。

本日最終回ということで、ワイド番組としては終わってしまうけれども、土曜日の番組は続くようだ。土曜日の番組で伊東四朗が時事問題、特に政治のニュースに関してはコメントが全くダメなので聴いていて嫌になる。伊東四朗の話が面白いとは思えない。

オープニングに政治ネタを話していたけれど、局の意向なのかどんどんと後のコーナーに追いやられてしまった。文化放送も産経グループなので配慮があったのだろうか。アーサーさんのコーナーは後の番組で引き継がれる。コメンテーターを見ると、後番組になったからといってリスナーがこれまでよりも増えるとは思えない。

福井謙二の番組がやっと終わった。番組を持つにしては個性がないし、つまらない。

文化放送はアイドルの番組と声優の番組しか売りがなくなってしまった。

FMの日曜朝というところにいってしまうけれど、そこではニュースも扱うと書いてある。



ーーーーーーー

2017年04月02日〜

毎週日曜日 9:00〜11:16

TERUMI de SUNDAY! 

BAY FM

吉田照美/中村 愛

アナウンサー、DJとして長年のキャリアを通じ不動の人気を誇る”吉田照美”が、bayfmに初登場です!
FMラジオで“生”放送は、キャリア史上“初”。人生、そしてDJとしても大ベテランが、週末の日曜日、その一週間の様々な出来事、ニュースを、独自の切り口で、面白く、時には厳しく、振り返ります。
アシスタントはお馴染み!”中村愛”。絶妙な突っ込みで展開していきます。
はたしてどんな番組になるのか、乞うご期待です!

http://bayfm78.net/201704new/terumi.htm

ten_years_after at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月30日

無料で聴けるTBSラジオクラウド 音声コンテンツ配信プラットフォームアプリ「ラジオクラウド」に参加

[株式会社TBSラジオ]

TBSラジオ(本社:東京都港区 代表取締役社長:入江清彦)は、昨年6月にパソコン、スマートフォンを通じてストリーミング方式で聞くことができる新しいクラウド型ラジオサービス「TBSラジオクラウド」をスタートしましたが、この度、(株)博報堂DYメディアパートナーズが運営する音声コンテンツ配信プラットフォームアプリ「ラジオクラウド」に参加し、アプリでのサービスを開始いたします。

無料アプリ「ラジオクラウド」はTBSラジオの他10局が参加しており、各局の音声コンテンツが聴けるサービスです。ダウンロード再生、倍速再生、スリープタイマー、連続再生機能を実装しています。

本サービスでは、TBSラジオの人気番組JUNKをはじめ、35番組の一部音声を聴く事ができます。今後、オリジナルコンテンツも増やしていく予定です。

今回のアプリではユーザー属性に合わせた広告のターゲティング配信が可能になります。海外では音声メディアでのターゲティング広告が注目されており、音声メディアのユーザー行動やエンゲージメントの高さが広告効果に直結する事例も報告されており、今後、日本でも期待できる新たな広告市場です。広告の正式セールスは3月から予定しております。

TBSラジオはラジオクラウドを活用した様々な企画や施策で今後収益化を図っていきます。なお、PC版TBSラジオクラウドは引き続き無料でサービスを提供していきます。

【「ラジオクラウド」サービス概要】
■コンテンツ配信サービススタート:2017年1月30日          
■広告販売スタート:2017年3月〜(予定)
■利用料:無料                             
■推奨環境:Android:4.4以上 iOS:9以上
■提供する機能
・スマートフォンに、コンテンツのダウンロードが可能
・オフライン時での再生
・倍速再生機能
・コンテンツの連続再生
・VAST2.0フォーマットにより、動画及び音声広告の素材が掲出可能
■ラジオクラウド アプリ https://radiocloud.jp/hp (2017/01/30-13:38)

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000228.000003392&g=prt






今までダウンロード再生が出来なかったので使い勝手が良くなかったのが、これで改善されるようだ。



ten_years_after at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月10日

第156回芥川賞、直木賞を徹底予想 文学賞メッタ斬り!スペシャル放送決定!

書評家・SF翻訳家の大森望さんと、書評家の豊崎由美さんが芥川賞、直木賞を徹底予想する名物企画「文学賞メッタ斬り!」を今回も特別番組としてオンエアします!

大森望 豊崎由美 植竹公和

「文学賞メッタ斬り!」は大森望さん、豊崎由美さんが、本の内容だけでなく、選考委員の好み、傾向や、出版社の思惑、出版業界の流れなども含めて、予想する名物企画です。ラジオでのオンエアでの反響に加え、ポッドキャストのダウンロード数もラジオ日本でトップクラスの人気番組です。ラジオ日本では、2010年から年2回「ラジカントロプス2.0」(現在放送終了)で放送を続けてきましたが、2015年夏からは特別番組としてオンエアしています。

1月17日(火)の予想編では、第156回芥川賞、直木賞を予想、24日(火)の結果編は前日にゲンロンカフェ(五反田)で開催されるトークイベント「文学賞メッタ斬り!ライブ in 五反田〜第156回芥川賞・直木賞徹底総括SP〜」で公開収録した模様を放送予定です。受賞作品や、選評について大森望さんと豊崎由美さんの歯に衣着せない発言で「メッタ斬り」します。

第156回芥川賞、直木賞を徹底予想
『大森望×豊崎由美 文学賞メッタ斬り!スペシャル』

◇出演
大森望(書評家、SF翻訳家)
豊崎由美(書評家)

進行・植竹公和(放送作家)

◇OA日時

予想編 1月17日(火)26:30-27:30
結果編 1月24日(火)26:30-27:30


AM1422kHzラジオ日本
でオンエア!
(radiko.jpでも聴取可能、タイムフリー聴取可

1月23日(月)にゲンロンカフェ(五反田)で『文学賞メッタ斬り!ライブ in 五反田〜第156回芥川賞・直木賞徹底総括SP〜』を開催!

詳しくはこちらをご覧ください→
http://peatix.com/event/225414/


第156回芥川賞候補作品

加藤秀行「キャピタル」(文學界12月号)
岸政彦「ビニール傘」(新潮9月号)
古川真人「縫わんばならん」(新潮11月号)
宮内悠介「カブールの園」(文學界10月号)
山下澄人「しんせかい」(新潮7月号)


第156回直木賞候補作品

冲方丁「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋)
恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)
垣根涼介「室町無頼」(新潮社)
須賀しのぶ「また、桜の国で」(祥伝社)
森見登美彦「夜行」(小学館)

1月19日(木)午後5時より築地・新喜楽で選考会議が開かれ、受賞作品は決定次第の発表となります。


http://www.jorf.co.jp/?topics=metta156




ten_years_after at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月31日

伊集院光とらじおと

10月31日(月)

ゲストコーナーでは、映画評論家でコラムニストの町山智浩さんをお迎えして、映画の話はもちろん、現在のアメリカ大統領選のお話なども伺います!


radioタイムフリーで1週間は聴くことが出来ます。

ten_years_after at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月01日

10月1日(土)スタート

19:00~19:55

文化放送

□□

2016年1月から計4回にわたり不定期で放送してきました『いとうせいこう×み
うらじゅん ザツダン!』が、いよいよレギュラー番組としてスタート!

30代になってから、お互い引き寄せられるように知り合い、今では知己朋友と
して知られる2人が、台本なしで、硬軟あらゆる話題について、縦横無尽に語
らいます。
本放送同様、podcast配信も大好評。
番組本編を一部編集した音源と、podcast版として別に収録したザツダン!も
配信していますので、2人のザツダン!を、オンデマンドでもお楽しみくださ
い。

□□


ten_years_after at 06:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月27日

2016/9/26 15:18

 ラジオのインターネット配信を手がけるradiko(ラジコ、東京・港)と日本民間放送連盟ラジオ委員会は26日、配信した番組を一定期間内であれば無料で聴き直せる実証実験を10月11日に始めると発表した。これまでラジコの配信はラジオ放送と同じ時間に限られており、放送後に番組を楽しむことはできなかった。番組を聴ける機会を増やして利用者の拡大につなげる。

 スマートフォン(スマホ)向けアプリやパソコン向けサービスを通じて、新機能「タイムフリー聴取」の実証実験を10月11日から始める。期間は未定。放送から1週間はCMを含めて番組が聴ける。再生してから3時間以内なら何度も聴ける。スポーツ中継など対応できない番組も一部あるという。自分が選んだ番組をSNS(交流サイト)を通じて他人と共有できる「シェアラジオ」機能も設ける。

 ラジコは2010年設立。電通やラジオ放送局が出資している。TBSラジオや文化放送、ニッポン放送などの番組が聴ける。

日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26I8W_W6A920C1000000/



去年ぐらいから遡って再生することが可能になるという話が出ていてやっと実現する。ラジコが始まったのも遅すぎたし、テレビはまだそうなってはいないがそれ以外のネットを通じたサービスが出て来た後で果たして定着するのだろうか。ラジオ番組を聴いているといよいよ収益が危ないところまで来ているのかという感じがしてくる。昔と違ってラジオ受信機を買わなくてもスマートフォンさえあれば聴くことは出来る環境にはなっている。ただそのメディアに行き着く習慣がないと聴いてももらえない。そこが弱点じゃないか。

ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!











サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。