映画

2020年01月01日

スマートフォンのTOHOシネマズ公式アプリをダウンロード(無料)すると

現在はクーポンなどのキャンペーンは実施しておりません。



TOHOシネマズ auマンデイ

auスマートパス、ビデオパス会員は毎週月曜日が1100円、高校生は900円。

2017年4月1日(土)〜〜2018年3月23日(金)

午前十時の映画祭8 デジタルで甦る永遠の名作

〇開映時間:毎朝10時
〇開催劇場:全国56劇場。Aグループ、Bグループの2つに分けて全28作品を交互に紹介していく。
〇上映期間:1作品につき、1劇場にて、2週間または1週間の上映
〇入場料金:一般1100円/学生500円
〇上映作品:全28作品
〇上映方式:最新デジタル素材による高画質DCP上映
〇上映作品:
「イヴの総て」
「悪魔のような女」(1955年)
「突然炎のごとく」(1961年)
「招かれざる客」
「ペーパー・ムーン」
「トリュフォーの思春期」
「アニー・ホール」
「グロリア」(1980年)
「アンタッチャブル」
「バグダッド・カフェ(ニュー・ディレクターズ・カット版)」
「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」
「ギルバート・グレイプ」
「ライフ・イズ・ビューティフル」
「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」
「アメリ」
「野良犬」(1949年)
「麦秋」(1951年)
「天国と地獄」(1963年)
「雪之丞変化」(1963年)
「泥の河」
「戦場のメリークリスマス」
「夜叉」
「裏窓」
「ショーシャンクの空に」
「ローマの休日」
「麗しのサブリナ」
「昼下りの情事」
「おしゃれ泥棒」



2017年


1月6日(金)公開

ダーティ・グランパ
【監督】ダン・メイザー

1月7日公開

疾風スプリンタ
【監督】ダンテ・ラム

ホワイト・バレット
【監督】ジョニー・トー

The NET 網に囚われた男
【監督】キム・ギドク

人魚姫
【監督】チャウ・シンチー

1月13日(金)公開

ネオン・デーモン
【監督】ニコラス・ウィンディング・レフン

1月14日公開

トッド・ソロンズの子犬物語
【監督】トッド・ソロンズ

ブラインド・マッサージ
【監督】ロウ・イエ

牝猫たち
【監督】白石和彌

1月21日公開

沈黙 -サイレンス-
【監督】マーティン・スコセッシ

ザ・コンサルタント
【監督】ギャヴィン・オコナー

アラビアの女王 愛と宿命の日々
【監督】ヴェルナー・ヘルツォーク

新宿スワンII
【監督】園子温

1月27日(金)公開

マグニフィセント・セブン
【監督】アントワーン・フークア

スノーデン
【監督】オリヴァー・ストーン

未来を花束にして
【監督】サラ・ガブロン

1月28日公開

エリザのために
【監督】クリスティアン・ムンジウ

アンチポルノ
【監督】園子温

タンジェリン
【監督】ショーン・ベイカー

2月3日(金)公開

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
【監督】ティム・バートン

虐殺器官
【監督】村瀬修功
【原作】伊藤計劃


2月10日(金)公開

王様のためのホログラム
【監督】トム・ティクヴァ

マリアンヌ
【監督】ロバート・ゼメキス

2月11日公開

たかが世界の終わり
【監督】グザヴィエ・ドラン

グリーンルーム
【監督】ジェレミー・ソルニエ

サバイバルファミリー
【監督】矢口史靖

2月18日公開

ナイスガイズ!
【監督】シェーン・ブラック

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
【監督】ジャン=マルク・ヴァレ

みうらじゅん&いとうせいこう 20th anniversary ザ・スライドショーがやってくる!「レジェンド仲良し」の秘密
【監督】伏原正康

2月24日(金)公開

ラ・ラ・ランド
【監督】デイミアン・チャゼル

2月25日公開

バンコクナイツ
【監督】富田克也

クリミナル 2人の記憶を持つ男
【監督】アリエル・ヴロメン

3月3日(金)公開

ラビング 愛という名前のふたり
【監督】ジェフ・ニコルズ

お嬢さん
【監督】パク・チャヌク
【原作】サラ・ウォーターズ『荊の城』


3月4日公開

汚れたミルク/あるセールスマンの告発
【監督】ダニス・タノヴィッチ

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
【監督】ジャド・アパトー

人類遺産
【監督】ニコラウス・ゲイハルター

3月10日(金)公開

ボヤージュ・オブ・タイム
【監督】テレンス・マリック

3月17日(金)公開

SING/シング
【監督】ガース・ジェニングス

3月11日公開

哭声/コクソン
【監督】ナ・ホンジン

3月18日公開

わたしは、ダニエル・ブレイク
【監督】ケン・ローチ

3月のライオン 前編
【監督】大友啓史

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜
【監督】神山健治

3月24日(金)公開

パッセンジャー
【監督】モルテン・ティルドゥム

3月25日公開

サラエヴォの銃声
【監督】ダニス・タノヴィッチ

未来よ こんにちは
【監督】ミア・ハンセン=ラヴ

まんが島
【監督】守屋文雄

3月31日(金)公開

ムーンライト
【監督】バリー・ジェンキンズ

ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
【監督】パブロ・ラライン

4月1日公開

はじまりへの旅
【監督】マット・ロス

4月7日(金)公開

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
【監督】ガース・デイヴィス

4月8日公開

午後8時の訪問者
【監督】ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ

T2 トレインスポッティング
【監督】 ダニー・ボイル

作家、本当のJ.T.リロイ
【監督】 ジェフ・フォイヤージーク

4月14日(金)公開

グレートウォール
【監督】チャン・イーモウ

4月15日公開

人生タクシー
【監督】ジャファル・パナヒ

4月21日(金)公開

バーニング・オーシャン
【監督】ピーター・バーグ

4月22日公開

3月のライオン 後編
【監督】大友啓史

イップ・マン 継承
【監督】ウィルソン・イップ

スウィート17モンスター
【監督】ケリー・フレモン・クレイグ

4月28日(金)公開

ワイルド・スピード ICE BREAK
【監督】F・ゲイリー・グレイ

4月公開予定

ぼくと魔法の言葉たち
【監督】ロジャー・ロス・ウィリアムズ

5月5日(金)公開

カフェ・ソサエティ
【監督】ウディ・アレン

ノー・エスケープ 自由への国境
【監督】ホナス・キュアロン


5月6日公開

台北ストーリー
【監督】エドワード・ヤン

5月12日(金)公開

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
【監督】ジェームズ・ガン

スプリット
【監督】M・ナイト・シャマラン

パーソナル・ショッパー
【監督】オリヴィエ・アサイヤス

5月13日公開

マンチェスター・バイ・ザ・シー
【監督】 ケネス・ロナーガン

5月19日(金)公開

メッセージ
【監督】ドゥニ・ヴィルヌーヴ
【原作】テッド・チャン『あなたの人生の物語』


5月20日公開

夜に生きる
【監督】ベン・アフレック

5月26日(金)公開

光をくれた人
【監督】デレク・シアンフランス

美しい星
【監督】吉田大八

5月27日公開


【監督】河鹹照

5月公開予定


6月1日(木)公開

ゴールド 金塊の行方
【監督】スティーヴン・ギャガン

6月3日公開

20センチュリー・ウーマン
【監督】マイク・ミルズ

武曲 MUKOKU
【監督】 熊切和嘉

6月9日(金)公開

パトリオット・デイ
【監督】ピーター・バーグ

怪物はささやく
【監督】J.A.バヨナ

6月10日公開

22年目の告白-私が殺人犯です-
【監督】入江悠

残像
【監督】 アンジェイ・ワイダ

セールスマン
【監督】アスガー・ファルハディ

6月16日(金)公開

映画 山田孝之3D
【監督】松江哲明、山下敦弘

6月17日公開

キング・アーサー 聖剣無双
【監督】ガイ・リッチー

6月23日(金)公開

ハクソー・リッジ
【監督】メル・ギブソン

6月24日公開

ありがとう、トニ・エルドマン
【監督】マーレン・アデ

6月公開予定









7月1日公開

コンビニ・ウォーズ〜バイトJK VS ミニナチ軍団〜
【監督】ケヴィン・スミス

7月8日公開

ライフ
【監督】ダニエル・エスピノーサ 


※リンクはオフィシャルサイトです。
 上映している映画館、劇場情報に関してはオフィシャルサイトをご覧下さい。


 気になる映画を羅列しているだけで全てがおすすめできる映画ではございません。




続きを読む

ten_years_after at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
原発関連映画

故郷よ 【監督】ミハル・ボガニム

カリーナの林檎

イエローケーキ クリーンなエネルギーという嘘 ヨアヒム・チルナー監督

friends after 3.11【劇場版】 岩井俊二監督

プリピャチ

核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝 マーク・プティジャン監督

第4の革命





2016年



10月1日公開

SCOOP!
【監督】大根仁

10月7日(金)公開

ジェイソン・ボーン
【監督】ポール・グリーングラス

10月8日公開

ある戦争
【監督】トビアス・リンホルム

淵に立つ
【監督】深田晃司

10月14日(金)公開

永い言い訳
【監督】西川美和

10月15日公開

ダゲレオタイプの女
【監督】黒沢清

何者
【監督】三浦大輔

10月21日(金)公開

スター・トレック Beyond
【監督】ジャスティン・リン

10月22日公開

ジェーン
【監督】ギャヴィン・オコナー

31
【監督】ロブ・ゾンビ

10月28日(金)公開

手紙は憶えている
【監督】アトム・エゴヤン

10月29日公開

コンカッション
【監督】ピーター・ランデズマン

フランコフォニア ルーヴルの記憶
【監督】アレクサンドル・ソクーロフ

11月3日(木)公開

ぼくのおじさん
【監督】山下敦弘

コウノトリ大作戦!
【監督】ニコラス・ストーラー、ダグ・スウィートランド

11月4日(金)公開

ソーセージ・パーティー
【監督】コンラッド・ヴァーノン

11月5日公開

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
【監督】リチャード・リンクレイター

ジュリエッタ
【監督】ペドロ・アルモドバル

バッド・チューニング(1993)
【監督】リチャード・リンクレイター

溺れるナイフ
【監督】山戸結希


11月11日(金)公開

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
【監督】エドワード・ズウィック

11月12日公開

この世界の片隅に
【監督】片渕須直

ホドロフスキーの虹泥棒
【監督】アレハンドロ・ホドロフスキー

誰のせいでもない3D
【監督】ヴィム・ヴェンダース

11月18日(金)公開

ガール・オン・ザ・トレイン
【監督】テイト・テイラー

11月19日公開

世界の果てまでヒャッハー!
【監督】ニコラ・ブナム

11月25日(金)公開

五日物語 3つの王国と3人の女
【監督】マッテオ・ガローネ

11月26日公開

母の残像
【監督】ヨアキム・トリアー

12月1日(木)公開

マダム・フローレンス! 夢見るふたり
【監督】スティーヴン・フリアーズ

ブレア・ウィッチ
【監督】アダム・ウィンガード

12月10日公開

ヒッチコック/トリュフォー
【監督】ケント・ジョーンズ

12月16日(金)公開

ドント・ブリーズ
【監督】フェデ・アルバレス

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
【監督】ギャレス・エドワーズ

12月17日公開

ヒトラーの忘れもの
【監督】マルティン・サンフリエット

12月23日(金)公開

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間
【監督】ドン・チードル

聖杯たちの騎士
【監督】テレンス・マリック

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
【監督】ギャヴィン・フッド

12月24日公開

ストーンウォール
【監督】ローランド・エメリッヒ

12月31日公開

MERU/メルー
【監督】ジミー・チン、 エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ




※リンクはオフィシャルサイトです。
 上映している映画館、劇場情報に関してはオフィシャルサイトをご覧下さい。


 気になる映画を羅列しているだけで全てがおすすめできる映画ではございません。
続きを読む

ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月26日

1月24日にノミネートが発表された。

これまでは1部門に5作品/名だったノミネーション。今年からは1部門につき6作品/名に増やされた。

2月25日(アメリカ時間)に発表された。

(★が受賞作品/受賞者)

最低作品賞



「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「ダーティ・グランパ」
「キング・オブ・エジプト」
★「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」
「ズーランダー No.2」

最低主演男優賞

ベン・アフレック(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)
ジェラルド・バトラー(「キング・オブ・エジプト」「エンド・オブ・キングダム」)
ヘンリー・カヴィル(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)
ロバート・デ・ニーロ(「ダーティ・グランパ」)
★ディネシュ・ドゥスーザ(「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」)
ベン・スティラー(「ズーランダー No.2」)

最低主演女優賞

ミーガン・フォックス(「ミュータント・ニンジャ・タートルズ : 影<シャドウズ>」)
タイラー・ペリー(「Boo! A Madea Halloween」)
ジュリア・ロバーツ(「マザーズ・デイ」)
★ベッキー・ターナー(「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」)
ナオミ・ワッツ(「アリージェント part1」「Shut In」)
シェイリーン・ウッドリー(「アリージェント part1」)

最低助演男優賞

ニコラス・ケイジ(「スノーデン」)
ジョニー・デップ(「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」)
ウィル・フェレル(「ズーランダー No.2」)
★ジェシー・アイゼンバーグ(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)
ジャレッド・レト(「スーサイド・スクワッド」)
オーウェン・ウィルソン(「キーファー・サザーランド(「ポンペイ」)」)

最低助演女優賞

ジュリアン・ハフ(「ダーティ・グランパ」)
ケイト・ハドソン(「マザーズ・デイ」)
オーブリー・プラザ(「ダーティ・グランパ」)
ジェーン・シーモア(「Fifty Shades of Black」)
セーラ・ウォード(「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」)
★クリステン・ウィグ(「ズーランダー No.2」)

最低2人組賞

★ベン・アフレックと永遠のライバル、ヘンリー・カヴィル 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
エジプトの神や人間たち、誰でもいいから2人『キング・オブ・エジプト』
ジョニー・デップと吐きそうなほど派手なコスチューム 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
昔は尊敬されていた出演者たち 『素晴らしきかな、人生』
タイラー・ペリーと使い古しのかつら 『BOO! A Medea Halloween(原題)』
ベン・スティラーとどうにかこうにか面白い友達オーウェン・ウィルソン『ズーランダー NO.2』



最低前日譚、リメイク、パクリ、続編賞

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
★「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」
「Fifty Shades of Black」
「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」
「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」
「ズーランダー No.2」


最低監督賞

★ディネシュ・ドゥスーザ&ブルース・スクーリー「「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」」
ローランド・エメリッヒ「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」
タイラー・ペリー「Boo! A Madea Halloween」
アレックス・プロヤス「キング・オブ・エジプト」
ザック・スナイダー「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
ベン・スティラー「ズーランダー No.2」


最低脚本賞

★「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「ダーティ・グランパ」
「キング・オブ・エジプト」
「「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」」
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」
「スーサイド・スクワッド」


「ズーランダー No.2」9ノミネート
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」8ノミネート
「ダーティ・グランパ」5ノミネート
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」5ノミネート
「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史」5ノミネート

名誉挽回賞

★メル・ギブソン「ハクソー・リッジ」

The Barry L. Bumstead Award(コストパフォーマンスが悪い映画に)

「ブラック・ファイル 野心の代償」(シンタロウ・シモサワ監督)


ベン・アフレックは最低主演男優賞で弟のケイシー・アフレックはアカデミー賞主演男優賞候補になっているという対比でよく語られていた。

アカデミー賞に対するアンチで冗談みたいな賞だが、トランプが大統領になったことに対する政治的メッセージになった。例年通り、滑ったコメディをワーストに並べてしまうのはどうかと思う。

作品賞は「ヒラリーのアメリカ」以外の候補作は公開されているが、「バットマン」「インディペンデンスデイ」が候補になるのはなって当然ではある。「ダーティ・グランパ」はコメディというよりも下品なだけだった。「スーサイド・スクワッド」は興行的には良かったけれど、期待させてああもつまらない作品にしてしまったのは残念でならない。「キング・オブ・エジプト」は結末はつまらないけれど、言われているほど悪くもなく、神と人間の見分け方の発明というのが良くて最後まで見られる。

最低助演男優賞候補のニコラス・ケイジは出演時間が少なく候補になるのはちょっと酷な気がする。


ten_years_after at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月19日

2017/02/16(木)

エンターテインメントを楽しむための深掘りトークプログラム「WOWOWぷらすと」

日本時間の2/27(月)に迫った第89回アカデミー賞。
今年のノミネーション作品を徹底解剖!
本日は作品賞と監督賞について語ります。

nakai



















MC:中井圭

uno



















matsuzaki




























ゲスト:宇野維正、松崎健夫



宇野:作品賞で今年は何でノミネートされているのかというのが1本しかなかった。

松崎:メル・ギブソンは俳優が監督の先駆け。受賞監督はロバート・レッドフォード、ケヴィン・コスナーと3人目だけれども俳優が監督した作品に偏見はなくなった。当時の「ブレイブ・ハート」は本命ではなかった。



メッセージ」の予告編



宇野:ドゥニ・ヴィルヌーヴ。「ブレードランナー 2049」「砂の惑星」が控えている。「メッセージ」はメジャースタジオではないところで作られたSF作品。それで評価が高くて興行的にも凄く成功した。デヴィッド・フィンチャー以来の稀代の映画監督。

宇野:トランプが当選した次の週に公開されてたけど、この作品を見ろというほかの作家が言っていた。異文化とどうやって分かりあうのかというテーマ。原作者のテッド・チャンは文学的なSF小説家。読まないで見たほうが良い。



松崎:映画見てから読むと1ページ目から号泣しちゃう。読んだ時には想像つかない。図説までしているのに交信しているやり方は想像しかない。それが映画になっている。

宇野:小説が読みたくなる。映画で全てが説明されているわけではないので理想的な補完関係がある。「未知との遭遇」「コンタクト」にも引けを取らない。去年、東京国際で見て来年のベスト決まったなと思いました。



続きを読む

ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月25日

matsuzaki

松崎健夫さん

近著




machiyama




町山智浩さん

近著



ノミネート予想

「ラ・ラ・ランド」が12部門いくだろう。「ラ・ラ・ランド」のためのアカデミー賞になるだろう。「ムーンライト」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の3本は凄く良い映画だけれども、個人的な映画なんですよ。「ムーンライト」は監督と脚本家がフロリダで育った少年時代のエッセイのような映画。それに対して「ラ・ラ・ランド」はハリウッドが舞台でアカデミー賞はハリウッドのための賞なので。

:トランプが大統領に決まったことに対するような作品はありますか。

「Fences」「Hidden Figures」。「Fences」はアーサー・ミラーの「セールスマンの死」の黒人版なんですよ。白人社会でユダヤ人ということで挫折をする話。それがアメリカの挫折に結びついている。「Fences」は差別によって黒人が大リーグに行けない事実を元にして差別が人格を歪めてしまった。挫折したデンゼル・ワシントンが嫌なオヤジな役で息子のアメフトの夢を邪魔しようとする。息子がブチ切れてデンゼル・ワシントンを殴ろうとする。デンゼル・ワシントンは映画の中では常に殺人マシンなんですよ。勝てるわけないんですよ。どんな映画なんだっていう(笑)。
アメリカでの生活がいかに過酷かを描いている。

「Hidden Figures」は「ライトスタッフ」で描かれた人工衛星の軌道計算をしていたのは実は3人の黒人女性数学者だった。トランプが女性を排除する形の組閣を組んだり、人工中絶を非合法化する大統領令にサインをしたり女性差別的な事と、この前の演説で都市部で大虐殺が起こっていて制圧すると言っていたんですが、黒人と警察が対立していて黒人を制圧するということを言っていたんですが。「Hidden Figures」はアメリカの宇宙開発競争に勝利したのは優秀な黒人の女性なんだというのが反論になっている。

:大穴は。

「デッドプール」の脚本賞。冒頭でこの映画の凄いところは脚本だと言っている。ライアン・レイノルズ自身が曲本も書いている。これが入ると素晴らしいなと思います。



:日本からの注目は「沈黙 サイレンス」。

issey ogata


イッセー尾形さんですね。入るんじゃないかなという気がしました。イエズス会の伝道師が日本に来るんですが、阻止しようとするのは井上という奉行。彼の手法は近代人なんですよ。近代的な合理主義で攻撃してくる。それが怖いというか日本人のほうが先進的で優れていて論理的でカトリックのほうが頑迷な迷信を信じている。東洋のほうが西洋よりも進んでいる。スコセッシは現在の近代の合理主義の中でキリスト教徒が苦しんでいる。キリスト教なんて信じていてもインチキじゃないか、内容が出鱈目じゃないかという攻撃の中でというところでどういうふうに信仰を保っていくかという話を日本という先進国を舞台に、普通は時代劇では西洋のほうが進んでいるんですが、「サイレンス」では日本のほうが進んでいる。それを代表するのがイッセイ尾形さん。形だけなんだからとキリスト教に執着しても何の意味もないでしょうという常識的な見地からキリスト教徒を弾圧していくという凄い不思議な役をやっているんですよね。ノミネートはされるだろうなと思うんですよね。

:「最後の追跡」は日本ではNetflixでの配信ですが。

アメリカでは劇場公開されています。「最後の追跡」は助演男優賞に2人絡みそうですね。いつものジェフ・ブリッジス。「トゥルー・グリット」と何も変わっていない。努力していない。この映画で良いのはベン・フォスター。すぐ怒る兄貴で馬鹿をする。テキサスで銀行強盗をやるのは馬鹿なことで全員が銃を持っている。

(町山さんがノミネート特別番組に向かう)

松崎:「沈黙」素晴らしいですよ。イッセー尾形さんの英語だろうが日本語だろうが変わらない。いつもの演技のアプローチをハリウッドでやっている。扇子でハエをパチパチ掃う演技をしていて、現場ではハエがいないのでCGで足している。彼の演技に合わせて足すぐらいスコセッシは彼の演技プランに合わせたと思う。ハリウッドに行ってもイッセー尾形さんはイッセーさんだった。窪塚さんも凄かった。

松崎:「沈黙」は11月末に完成して遅かった。見ている人がほとんどいなくて公開が遅かった。「沈黙」を見ると宗教のために命を投げ出しちゃいますという話なわけですよ。それって今のテロリズムに似ていますよ。この作品はスコセッシが28年前に企画して頓挫して叶った作品ですが、今作られて現代的なテーマにもなっている。そういうふうに見る人もいると思いますので。スコセッシは何らかの賞に絡んでくると思うので。

松崎:既に科学技術省はソニーが獲ることが決まっています。シネアルタと言って「スターウォーズ・エピソード2」や「踊る大捜査線レインボーブリッジを封鎖せよ」に使われていて、今では映画界で使われているということで。向こうのメーカーが独占されていて、今はキヤノンのカメラでも撮られている。16年くらい経って評価されている。

松崎:長編アニメは27本のエントリーがある。「Kubo and the Two Strings」が入ってくるんじゃないか。日本が舞台。三味線を弾くと折り紙が形になって踊りだす。(ギャガで公開予定)コマ撮りで作られている。




〜ノミネート発表の時間〜



第89回アカデミー賞ノミネーション発表

授賞式は2月26日開催。

【作品賞】
 「メッセージ」
 「Fences」
 「ハクソー・リッジ(原題)」
 「Hidden Figures」
 「最後の追跡」
 「ラ・ラ・ランド」
 「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
 「ムーンライト」

【主演男優賞】
 ケイシー・アフレック  「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
 アンドリュー・ガーフィールド  「ハクソー・リッジ(原題)」
 ライアン・ゴズリング  「ラ・ラ・ランド」
 ヴィゴ・モーテンセン  「はじまりへの旅」
 デンゼル・ワシントン  「Fences」

【主演女優賞】
 イザベル・ユペール  「エル(原題)」
 ルース・ネッガ  「ラビング 愛という名前のふたり」
 ナタリー・ポートマン  「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
 エマ・ストーン  「ラ・ラ・ランド」
 メリル・ストリープ  「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

【助演男優賞】
 マハーシャラ・アリ  「ムーンライト」
 ジェフ・ブリッジス  「最後の追跡」
 デヴ・パテル  「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
 ルーカス・ヘッジズ  「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
 マイケル・シャノン  「Nocturnal Animals」

【助演女優賞】
 ヴィオラ・デイヴィス  「Fences」
 ナオミ・ハリス  「ムーンライト」
 ニコール・キッドマン  「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
 オクタヴィア・スペンサー  「Hidden Figures」
 ミシェル・ウィリアムズ  「マンチェスター・バイ・ザ・シー」

【監督賞】
 デイミアン・チャゼル  「ラ・ラ・ランド」
 メル・ギブソン  「ハクソー・リッジ(原題)」
 バリー・ジェンキンズ  「ムーンライト」
 ケネス・ロナーガン  「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
 ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「メッセージ」

【脚本賞】
 テイラー・シェリダン「最後の追跡」
 デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」
 ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ「ロブスター」
 ケネス・ロナーガン「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
 Roger Neill「20th Century Women」

【脚色賞】
 エリック・ハイセラー「メッセージ」
 August Wilson「Fences」
 Allison Schroeder、Theodore Melfi「Hidden Figures」
 ルーク・デイヴィス「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
 バリー・ジェンキンズ「ムーンライト」

【撮影賞】
 ブラッドフォード・ヤング「メッセージ」
 ジェームズ・ラクストン「ムーンライト」
 リヌス・サンドグレン「ラ・ラ・ランド」
 ロドリゴ・プリエト「沈黙 −サイレンス−」
 グレイグ・フレイザー「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」

【音楽賞】
 「ムーンライト」
 「ラ・ラ・ランド」
 「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
 「LION/ライオン 〜25年目のただいま〜」
 「パッセンジャー」

【歌曲賞】
 "Audition (The Fools Who Dream)"   「ラ・ラ・ランド」
 "City of Stars"   「ラ・ラ・ランド」
 "How Far I'll Go"  「モアナと伝説の海」
 "Can't Stop the Feeling"  「Trolls」
 "The Empty Chair"  「Jim: The James Foley Story」

【編集賞】
 「メッセージ」
 「ラ・ラ・ランド」
 「ハクソー・リッジ(原題)」
 「ムーンライト」
 「最後の追跡」

【視覚効果賞】
 「バーニング・オーシャン」
 「ドクター・ストレンジ」
 「ジャングル・ブック」
 「Kubo and the Two Strings」
 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

【録音賞】
 「メッセージ」
 「ハクソー・リッジ(原題)」
 「ラ・ラ・ランド」
 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
 「13時間 ベンガジの秘密の兵士」

【音響編集賞】
 「メッセージ」
 「バーニング・オーシャン」
 「ハクソー・リッジ(原題)」
 「ラ・ラ・ランド」
 「ハドソン川の奇跡」

【美術賞】
 「メッセージ」
 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
 「ヘイル、シーザー!」
 「ラ・ラ・ランド」
 「パッセンジャー」

【衣装デザイン賞】
 「マリアンヌ」
 「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
 「ラ・ラ・ランド」
 「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」

【メイク&ヘアスタイリング賞】
 「幸せなひとりぼっち」
 「スター・トレック BEYOND」
 「スーサイド・スクワッド」

【長編アニメ賞】
 「Kubo and the Two Strings」
 「モアナと伝説の海」
 「My Life as a Zucchini」
 「レッドタートル ある島の物語」
 「ズートピア」

【短編アニメ賞】
 「Blind Vaysha」
 「Borrowed Time」
 「Pear Cider and Cigarettes」
 「Pearl」
 「ひな鳥の冒険」

【短編実写賞】
 「Ennemis interieurs」
 「La femme et le TGV」
 「Sing」
 「Timecode」
 「Silent Nights 」

【長編ドキュメンタリー賞】
 「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」ジャンフランコ・ロージ
 「I Am Not Your Negro」Raoul Peck
 「ぼくと魔法の言葉たち」ロジャー・ロス・ウィリアムズ
 「O.J.: Made in America」Ezra Edelman
 「13TH -憲法修正第13条-」エヴァ・デュヴァネイ

【短編ドキュメンタリー賞】
 「Extremis」
 「Watani: My Homeland」
 「4.1 Miles」
 「The White Helmets」
 「Joe's Violin」

【外国語映画賞】
 「ヒトラーの忘れもの」デンマーク
 「Tanna」オーストラリア
 「幸せなひとりぼっち」スウェーデン
 「セールスマン」イラン
 「ありがとう、トニ・エルドマン」ドイツ

(allcinemaよりノミネート結果を抜粋)

「ラ・ラ・ランド」が歴代最多タイとなる13部門14候補
「ムーンライト」「メッセージ」8候補
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」6候補


(2017年1月24日「WOWOWぷらすと 生中継!第89回アカデミー賞ノミネーション発表!」より抜粋)


続きを読む

ten_years_after at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月15日

2016.10.15 [更新/お知らせ]
東京国際映画祭 Online Ticket サーバメンテナンス延長のお知らせ
メンテナンス時間を延長しております。ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。

〜東京国際映画祭 Online Ticket サーバメンテナンスのお知らせ〜

このたび、以下の日程にてサーバメンテナンスを実施致します。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますがご理解のほどよろしくお願いします。

[日時]2016年10月15日 13:45〜


       ↓


この度は決済ページ内のトラブルにおいて、お客様に大変なご迷惑おかけいたしております。

アクセスが集中し、購入機能の処理能力を超えたため、購入完了画面の表示
または購入完了メールの送信が行えない状況が発生しております。


現在、不具合の原因を突き止め復旧の作業を行っております。
10月17日(月)午前10時より再開を予定しております。
なお、決済ページの途中でアクセスができなくなってしまったお客様・決済を完了したにもかかわらず
「東京国際映画祭チケット 購入完了のお知らせ」(購入完了メール・仮予約完了(コンビニ決済)メール・
コンビニ決済完了後メール)が届かなかったお客様、および複数購入完了のメールが届いたお客様には
別途ご対応させて頂きますので、10月17日(月)以降下記受付番号にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

050−3786−8066(10〜20時)


http://2016.tiff-jp.net/news/ja/?p=36908




昨年までのチケットボードよりもアクセスしにくく、サーバーが脆弱でダウンし、しかも購入できたかのメールが大変遅れる、またはどのチケットが取れたか確認できないという状態になっている。決済途中でダウンしてしまってどうしようもなかった。複数枚重複で購入した可能性もあり面倒なことが増えそうだ。未だにメールが来ない。本当にこれほどお粗末だったことはない。

今年からフィルメックスではTOHOシネマズが会場ではvitで予約できる。TIFFもほとんどがTOHOシネマズが会場なのでそれならvitを使ったほうがシステムもしっかりしていて発券も簡単なのではないか。少々手数料はかかるが、ぴあにしたほうがシステムも確認メールの送信もすぐに出来るのでそうして欲しい。

ten_years_after at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月03日

「ディア・ハンター」「天国の門」監督マイケル・チミノが死去

2016年7月3日 15:07

「ディア・ハンター」「天国の門」で知られる映画監督マイケル・チミノが逝去したとIndiewireなどが報じた。77歳だった。

チミノの死去は、カンヌ国際映画祭のディレクターであるティエリー・フレモーのTwitterへの投稿によって明らかになった。死因など詳細は不明だが、チミノは家族と彼を愛した女性2人に囲まれて息を引き取ったという。

チミノは「ダーティハリー2」などの脚本を手がけたあと1974年に「サンダーボルト」で監督デビュー。ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・カザール、メリル・ストリープが出演した1979年公開の「ディア・ハンター」でアカデミー賞作品賞、監督賞など5部門に輝いた。1980年には大作「天国の門」を手がけたが、興行的に失敗しその後のキャリアに影を落とした。

「エクソシスト」で知られるウィリアム・フリードキンはチミノについて「彼が生きている間に敬意を表するべきだった。優れた技量を持つ監督だった」とTwitterでコメント。「ショーン・オブ・ザ・デッド」の監督エドガー・ライトは「信じられない。『サンダーボルト』は僕のお気に入りの映画なんだ。R.I.P.」とツイートした。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

http://natalie.mu/eiga/news/193148

ten_years_after at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月25日

「レヴェナント」の宣伝のためにレオナルド・ディカプリオが来日したというニュースをやっていた。個別のインタビューはなく、35分の記者会見のみ。通訳が入るので17分ぐらいしかない。中国でのプロモーションの後についでに寄ったということだからか。もう少しで世界第二位の興行収入の中国に行って日本に来ないという俳優が多いだけにまだ来てくれるだけ良かったとも言える。中国では持ち上げてリップサービスだったのが、あまりにもというか白けた。

Leonardo DiCaprio says China can be climate change 'hero'

Monday 21 March 2016 15.14 GMT

Ben Child

Oscar-winner Leonardo DiCaprio has said China can be a “hero” for the environmental cause while on a trip to the world’s most populous nation to promote The Revenant.

Alejandro Gonzalez Inarritu’s stark and harrowing western scored a hugely impressive $33m on debut at the Chinese box office this weekend, pushing the film’s worldwide debut close to $500m. At a Beijing news conference to promote the film, DiCaprio praised China for moving towards renewable energy in order to reduce carbon emissions.

“As we all know, the United States and China are the two biggest contributors, and I think that China has made radical movements forward as far as alternative energy and ways to be sustainable,” said the actor and green campaigner. “I really think that China can be the hero of the environmental movement, they can be the hero of the climate change movement.

DiCaprio is a popular figure in China, largely due to local filmgoers’ fondness for James Cameron’s 1997 romantic disaster epic Titanic. He is known there as Xiao Li, or Little Lee.小李

The world’s second largest box office after North America, China is one of the final territories to see Inarritu’s Oscar-winning film.

In related news, China has begun cracking down on box office fraud in the wake of reports last year that the record-breaking homegrown animation Monster Hunt cheated its way to the top of the 2015 annual chart (figures have since been revised downwards). Authorities have banned distributors of the martial arts movie Ip Man 3 from releasing movies for an entire month after a government investigation revealed the firm inflated ticket sales by as much as $8.7m.

The Chinese box office is on course to overtake North America as early as next year, but a series of scandals involving fake reporting of sales have convinced regulators that reform is needed to ensure figures are genuine.

The Guardian
http://www.theguardian.com/film/2016/mar/21/leonardo-dicaprio-says-china-can-be-climate-change-hero

日本での記者会見も一部テレビで放送されていて、つまらない質問だった。個別に質問を受けても同じことを聞かれるので記者会見でも同じだったのであろう。司会の人が映画パーソナリティって名乗っているが、映画パーソナリティって何?といつも思う。あと、会見ってメディアの露出にはなるけど、本当にプロモーションとしての効果はあるの。スポーツ新聞やウェブメディアの記者、テレビの番組に出ている人が座っていて、テレビカメラで撮り、ウェブは自分で見に行く人が見るとして除くと新聞、テレビは会見がありましたという記事や報道をすることで、それはただの宣伝でしかないでしょうと思ってしまう。映画専門のメディアならまだしも雑多なことを取り上げるメディアに宣伝しますからメディア関係者のみなさん、来て下さいというので来ました、記事にしました、取り上げましたって何の役目があるのだろうか。テレビは自分の局の番組の宣伝、宣伝番組のための宣伝、映画、舞台、コンサートの宣伝。NHKに至っても番組の宣伝をする。メディアとは言えども中身がなさ過ぎやしないか。





「レヴェナント」の日本公開は一か月後でゴールデンウィークの目玉にということだが、旬が過ぎてしまっているような気がする。



レヴェナント:蘇えりし者
THE REVENANT

2015年アメリカ
2016年04月22日公開
R15+指定
公式サイト
配給:FOX
監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ
原作: マイケル・パンク
脚本: マーク・L・スミス
   アレハンドロ・G・イニャリトゥ
撮影: エマニュエル・ルベツキ
プロダクションデザイン: ジャック・フィスク
衣装デザイン: ジャクリーン・ウェスト
編集: スティーヴン・ミリオン
音楽: 坂本龍一
   カーステン・ニコライ
出演: レオナルド・ディカプリオ
   トム・ハーディ
   ドーナル・グリーソン
   ウィル・ポールター
2015年度アカデミー賞主演男優賞、監督賞、撮影賞受賞
REVENANT























ten_years_after at 06:00コメント(0)トラックバック(0) 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!











サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。