2014年01月16日

日本インターネット映画大賞、外国映画部門投票

【作品賞】(3本以上10本まで)
「偽りなき者」   10点
「悪の法則」   9点
「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」  3点
「君と歩く世界」   2点
「嘆きのピエタ」   2点
「ジャンゴ 繋がれざる者」  1点
「フライト」   1点
「シュガーマン」   1点
「ホーリー・モーターズ」1点

【コメント】
「偽りなき者」はどうしても分かってくれない、悪魔の証明は解けないという怖さがあって衝撃だった。
「悪の法則」は何が起こっているのか詳細をはっきりは分からないが、進んでいって暗い部分をさらっと見せてくれた。
「ロイヤル・アフェア」は絶対に許されない愛と国の民主化みたいなものが合わさった話で、デンマークでは表に出したくない歴史上の出来事を映画にしたということでも評価される1本になったのではないか。
「君と歩く世界」は足がない女が男と会って、男もストリートファイトをしてセックスをしたりというキラっと光る映画だった。
「嘆きのピエタ」は心身の痛みと愛憎と最後の線の美しいんだか気持ち悪いんだかの境界線が絶妙だった。
「ジャンゴ 繋がれざる者」は面白いという一言に尽きる。
「フライト」は酒とドラッグに浸った機長が駄目な人なんだけど、ずっと見ていたくなった。
「シュガーマン」はこんな人がいたということと彼が神のようだった。ドキュメンタリーとしては変則的で既に終わったことをアニメーションと歌で再編集して出したという映画の妙技が見えた。
「ホーリー・モーターズ」は滅茶苦茶なエピソードに思えて最後までそうだったという奇妙さが良かった。


【監督賞】              作品名
[グザビエ・ドラン] (「わたしはロランス」)
【コメント】
監督自身の魂の叫びを映画にしたような映画で昨年で一番濃厚だった。

【主演男優賞】
[マイケル・ダグラス] (「恋するリベラーチェ」)
【コメント】
ゲイの役を全く違和感なく演じていた。派手でヅラで、朽ちていって全く別人になっていく様子も素晴らしかった。

【主演女優賞】
[ディニー・イップ] (「桃さんのしあわせ」)
【コメント】


【助演男優賞】
[シャールト・コプリー] (「エリジウム」)
【コメント】
エビ人間だった彼が傭兵役で本当に憎たらしかった。ぐちゃぐちゃな顔から回復していっていく様も良い。

【助演女優賞】
[レイチェル・マクアダムス] (「パッション」)
【コメント】
嫌な上司の役で女のドロドロとした感じが良かった。

【ニューフェイスブレイク賞】
[デイン・デハーン] (「クロニクル」)
【コメント】
「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」でも息子役を演じていて、「欲望のバージニア」でも主人公の親友を演じていてとても印象に残っている。決してハンサムなわけでも派手なわけでもない顔だけれども、闇の部分を持って鬱屈している演技がとても良かった。最後の怪物のようになってしまったのは彼だからこそキャラクターがより活きたものになっていた。

【音楽賞】
「最後のマイウェイ」
【コメント】
「シュガーマン」と迷ったがこれにした。クロード・フランソワのベスト盤を映画にしたようだった。


【私が選ぶ○×賞】

ベスト動物賞
[ハエ] (「マッキー」)

【コメント】
まずはCGの出来が非常に良かった。それと変に擬人化して人間の声をあてたりしないで動きだけで物語るということが映画を飽きさせない要因だったと思う。

脚本賞
[コーマック・マッカーシー] (「悪の法則」)

【コメント】
わかりにくいということがあるかもしれないが、わからないんだったらそれでいいと思えるような妙な丁寧さを排した面白さがあった。

ベストリムジン賞
[ホーリー・モーターズ] (「ホーリー・モーターズ」)

【コメント】
「コズモポリス」もリムジンが出てきたが、このリムジンは最後まさかの展開になって何なんだと言ってしまった。



この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。


ten_years_after at 01:42コメント(0)トラックバック(0) 
映画の感想 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!











サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。