2012年03月17日

松井冬子展

場所:横浜美術館

http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2011/matsuifuyuko/

日本画の人気作家の一人。初の個展。

100点あまり展示されている。多くは習作、写生、デッサンの類。緻密に組み立てられているのが見て取れる。どの絵も見ていて奇妙な感じにさせられる作品ばかりだった。よく見るとねずみがたくさん、虫がうじゃうじゃいたりする。

幽霊の絵の1点は学者の山下裕二先生が所有しているものだった。

内臓、解剖をスケッチしたものからいわゆるグロいような内臓が飛び出た絵が続いていく。双頭の蛇が骨、内臓が出ている。女性の子宮、子供を産むという女性の強みを強調していた。ふわっと描かれているに攻撃的な感じがした。パイパンの局部をぐっとこちらに見せ付けてくる絵が印象的でこちらも挑発的だった。

「終極にある異体の散在」は楽園から追われた人々のようだった。段々と西洋の宗教画のように神々しく見えてくるようだった。

恐怖というもので圧倒された。展示された物の多くはガラスに覆われた物、プラスチックで保護された物が多いが、それよりも絵を生身で見ることの出来る作品のほうが力が伝わってくる。

常設展ではフェリーチェ・ベアトの写真があった。19世紀後半の日本、侍、町人を撮って、色付けした物が飾ってあった。珍しい写真ばかりだった。

ten_years_after at 00:39コメント(0)トラックバック(0) 
美術など 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。