2007年12月02日

『「シンプソンズ・ザ・ムービー」の舞台挨拶に怒り再炎上』宇多丸さん

utamaru



RHYMESTER宇多丸さん:

みなさん、昨日見ましたか。会見。日本中が注目していた会見。テレビ等でご覧になった人もいるかもしれませんが。本当にあの会見にはがっかりしましたよ。前に一回会見みたいなのをして、良くなくて今度こそという会見。本当にがっかり。ほかに言うことねえのかよという以下の会見。腹が立って憤怒のあまり鼻血を出してしまいました。あの会見。

「ザ・シンプソンズ・ムービー」の声優会見。
声優陣










会見と言えば、世の中的には朝青龍と亀田大毅の会見がありましたが、どうでもいい。そのことよりももっと問題会見があった。「ザ・シンプソンズ・ムービー」のジャパン・プレミアが昨日あって、木曜日。15日に全国公開。日本語吹き替え版を担当した所ジョージさん、和田アキ子さん、田村淳さんが上映前に舞台挨拶に立った。シンプソンズ声優問題をずっと取り上げてきた。1回目はホフディランの小宮山さんをゲストに激論を交わした。

シンプソンズの吹き替え陣は15年間固定で素晴らしい声優陣がいて。理由もなく変わったらおかしいでしょう。変わった声優が大物タレントの方で、それで客寄せにになるのかという疑問も含めてファンから怒りの声が上がっていた。僕もどうなんだというので僕も取り上げた。

ひとまずの決着しかけていた。劇場公開前にオリジナルの声優陣で吹き返しなおしてDVDでは戻すと発表した。じゃあ、字幕、吹き替えを見てやろうかなという心の余裕が出かけた。昨日のプレミアでの彼らの言いぐさに。一旦鎮火していたファンが再炎上どころではない。もっと怒らせる事を言ってしまった。キャスティングされたタレントさんには責任はないだろうということがあった。そんなかばいも不能なような。朝青龍や亀田なんていうものではない。エリカ様なんてもんではないこの舞台挨拶のひどさは。

所ジョージさんが言っているのは。「意外と見ごたえがあり、面白いんじゃないかと思います。」意外とは何だよ。
「この映画に手応えを感じられる人は心に余裕がある人で、『これ、どうなんだろう…?』って思った方は心の貧しい人です」とユーモアたっぷりに作品をアピール。びた一文面白くない。そこはいいけれど、

和田さんと淳さんの映画を薦めるコメントを聞きながら所さんは「これってそんなにいい映画でしたっけ?」と混ぜ返したり「評価を下すというよりも、ただ観てほしい。ていうか評価に値しないんでね(笑)」、「ひとつひとつのシーンに、決して意味はありません!」と褒めてるんだかけなしてるんだかわからないコメントを連発。やる気のなさを突っ込まれると「そんなことないですよ。ちゃんとアフレコやったんで、後は(報酬が)ふり込まれるのを待つばかりです(笑)。120%の力を出したんで、ギャラも120%ほしいですね」と、とぼけた調子で返した。

大物芸能人は面白い事を言うんですね。完全に所さんはシンプソンズに悪意があるのかということしか言っていない。面白いんですか、真面目に見るものではないと。

シンプソンズは凄く高度な大人のアニメ。大人のジョーク。政治的で、セックスジョークも入っていて。馬鹿な大人にはわからない。そこが全米ナーバー1アニメだから凄い。素敵なアニメ。評価に値しないというのはどこから出てきているのか。

ロンブー淳さんは「確実に言えるのは、観ても絶対に泣けない、ということ。意味がわかんなくなっても、観終わった後に熱い論議を交わさないでください!」と力強く呼びかけた。

冗談なんでしょうが、意味がわからない。この人たちはシンプソンズを吹き返しながら意味がわからなかったんじゃないでしょうか。有名タレントを起用したら宣伝効果があるのは百歩譲って、これはどうなの。宣伝にもなっていないじゃない。

比較的、和田アキ子さんは真面目に答えてくれている。でも、言っていることはおかしくて。
「大人でも楽しめるし、日本のアニメでは考えられないくらいブラックユーモアがあふれてます。意味を考えずに楽しんでください」
ブラックジョークは意味を考えないと笑えないでしょう。この人たちはシンプソンズの意味がわからなかったとか、全部見ていないかとしか思えない。所さんあたりは元に戻せとかファンが言っているのでへそを曲げたかもしれないな。何なんだこれ。

アッコさんがラジオで朝青龍会見や亀田会見に苦言を呈すとかエリカ様に苦言を呈すとか言っているけれど、説教なんてされたくねえよという話ですよ。どうなってんだよ日本の大物芸能人とやらわよ。

落ち着きかけた燃え上がる事が多すぎる。声優陣は納得かないので字幕版で見ようという程度のファンが行こうとしても全国で東京の2館でしかやっていない。選択肢がない。嫌でも所さんのフォーマーを見るしかない。DVDが出るのが決まっているから行かなくねえ。

チラシとかもただの子供向けに絞ろうとしている。そこまで観客絞ってどうなるの。チラシの後ろの文句、「みんなが生まれるずっとずっと前から世界中のキッズを夢中にさせる超人気アニメそれがシンプゾンズだ。」
THE SIMPSONS MOVIE













みんなって、69年より前。みんなは何なんだよ。シンプソンズが始まるあとの人がターゲット、子供しかターゲットにしていない。アポロ。僕らが生まれてくるずっとずっと。破っていい。僕は両方行きますけどね。



記事:「評価に値せず!」所ジョージら声優陣が『シンプソンズ』プレミアで毒舌トーク

(2007年12月01日TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」TBS RADIO 954kHz - ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルより)


ザ・シンプソンズ MOVIE THE SIMPSONS MOVIE
2007年アメリカ(FOX)
12月15日公開
公式サイト
監督:デヴィッド・シルヴァーマン
原作:マット・グローニング
脚本:ジェームズ・L・ブルックス
   マット・グローニング
   アル・ジーン
   イアン・マクストーン=グレアム
   ジョージ・マイヤー
   デヴィッド・マーキン
   マイク・リース
   マイク・スカリー
   マット・セルマン
   ジョン・スウォーツウェルダー
   ジョン・ヴィッティ
音楽:ハンス・ジマー
声の出演:ダン・カステラネタ
     ジュリー・カヴナー
     ナンシー・カートライト
     イヤードリー・スミス
     ハンク・アザリア
     ハリー・シェアラー
     アルバート・ブルックス
     トレス・マクニール
     グリーン・デイ
     トム・ハンクス
声の出演(日本語吹替版):
所ジョージ ホーマー(劇場バージョン)
和田アキ子 マージ(劇場バージョン)
田村淳 バート(劇場バージョン)
ベッキー リサ(劇場バージョン)
THE SIMPSONS MOVIE

















FOXの方もよく考えて欲しいと思う。タレントを声優に起用しただけで集客があるのかを。こんなに作品に愛のないタレントを使ったら逆効果。そもそも声優の職をタレントが奪うな。
最近、邦題もいまいちのものが多く、配給会社の質が下がっているように感じる。宣伝に仕えれば何をしてもいいといのはどうなんだろう。
映画はボイコットされて、DVDを買えばいいという人が多くなると思う。

ten_years_after at 08:30コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!

サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。