2005年03月29日

アメリカ輸入牛に断固反対します。(国内の全頭検査見直しに?)

今日は特にネタがありません。
食品安全委員会は生後20ヶ月以下の牛は全頭検査から外すことを決定した。アメリカ牛は危険部位除去、エサの管理が行われているか分からない。専門家委員(科学者)は大多数は批判的意見を出した。日本の国産牛の全頭検査も不十分で、現在行われているBSEの検査だけでなくリスクを少なくする検査をもっとするべきだと言っている。基準緩和は専門家委員会は言っていない。農水省のなかでも全頭検査継続派とアメリカの言い分派に分かれている。両論併記していて、曖昧になっている。

アメリカ牛輸入再開の署名活動をしている人がいるらしいですが、そんなに危険な牛を食べたい馬鹿な輩がいるのかと呆れてしまいます。この前のライス国務長官が来日して、そんなに米国牛輸入の話題を出さなかったのにアメリカ牛輸入再開とマスコミを盛り上げたのは何かの圧力があったとしか思えないと宮崎哲弥さんがおっしゃっていましたが、やはり外食産業(←さほど影響力はないかもしれない)、農水省、厚労省が輸入再開への圧力をかけたからかと推測してしまいます。
いい加減当たり障りの無いニッポン放送問題とサッカーの話題はもう良いので、もっと大事なニュースがあるような気がします。

ten_years_after at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
その他 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!











サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。