2005年03月04日

mdf876736










反「ミリオンダラ・ーベイビー」キャンペーンが行われていた。ラッシュ・リンボーrushlimbaugh右翼ラジオDJ)とマイケル・ネドベドbio6(ハリウッドは左翼ばっかりだと叫ぶ反ハリウッド右翼ラジオDJで映画評論家)がこの映画は反キリスト教的だと「ミリオンダラー・ベイビー」たたきを激しくやった。それに対してハリウッドが「ミリオンダラー・ベイビー」をかばった。右よりのウォールストリート・ジャーナルとマイケル・ネドベドとくっついて、ウォールストリート・ジャーナルの文化欄でハリウッドたたきをやった。ハリウッド擁護でLAタイムスが出てきて、ハリウッドか非ハリウッドかでかなり論争になった。財界よりの日経対朝日のようになった。(小西さん) テレビでシカゴサンタイムスロジャー・エバートroger_ebertという映画評論家は

「これは反キリスト教的だと言うのは明らかにハリウッドをたたこうという意図による政治的行動で、我々は『ミリオンダラー・ベイビー』を守らなければならない」というキャンペーンを張った。作品賞の投票期限はぎりぎりで、先週ぐらいだと思う。アカデミー賞の招待状が実際配られるのが当日か前日のぎりぎり。ぎりぎりのためかなり世論が影響すると思う。前日ぐらいに招待状が届くため、転売する人が大変になる。1階はスター・映画監督、ノミネートの人で、2階3階バルコニー席はアカデミー会員だけれども、お金を払ってチケットを買った人なんです。チケット一人500$(約5万円)。転売がばれるとアカデミー会員を剥奪されるリスクが伴うため、100万円で転売される。ミリオン円チケットになる。(小西さん) ばれた人も何人かいる。日本でそういった政治的磁場で闘われていると日本のメディアでは伝えていませんよ。(小西さん) 賞の5日前にCNNはクリント・イーストウッドに政治的にどういう意図があるかをインタビューしていた。脚本賞を取ったアレクサンダー・ペインalexander_payne(「サイドウェイ」の監督、脚本。奥さん韓国人で、黒澤明と小津安二郎が好き。)


はスピーチで「我々のクリエイティブのフリーダムを守らなければならない」と表現の自由を守ろうということを言っていた。ブッシュ政権からハリウッドは守られたという今回は政治的な裏があった。


(引用:TBSラジオ「ストリーム」2005年3月1日、町山智浩氏のリポートより書き起こし、要約したものです。文中の小西さんは小西克哉さんです。)

ten_years_after at 23:53コメント(0)トラックバック(1) 
映画 

2005年03月03日

最近話題のニッポン放送、フジサンケイをかつて牛耳っていた鹿内家の放蕩息子鹿内春雄とその親友の今日逮捕された堤義明が登場するノンフィクション「あぶく銭師たちよ!―昭和虚人伝ちくま文庫」(佐野眞一著)を去年読んだのを思い出した。その本で、自分の能力のなさに悩み自殺した(急病で死んだと表には行っている。)鹿内春雄は堤義明を「義明は税金を少なくする方法を知っていているんだ。」と自慢そうに話していた。 二人とも父親が創業者であり、父を超えようとしたが、時代と経営の能力に限界を感じる結果となった。堤氏は株を甘く見た結果かなとは思いますが、このようになるまでずっと見逃してきた政治家、警察も攻められる必要があります。株関連で、日枝会長は株主を軽視しているというなら、ずっとライブドアの株主配当はなされていないので、堀江社長も株主軽視で会社は株主、商法で言う社員のものじゃないんですかね。4480034455.09佐野眞一さんは日本一のノンフィクション作家と言っても過言ではないと思います。「東電OL殺人事件」では綿密に調べ、ボビンダ氏が犯人ではないことを立証した。(裁判所は最終的にボビンダ氏を有罪と、いかに裁判所が無能であるかを露呈させた。)
あぶく銭師たちよ!」では今テレビに引っ張りだこの細木数子が十代から商売を始め、一度目の結婚はすぐに失敗。今説教くさく姑とうまく付き合えといっているが、細木は姑にすぐに値を上げ一年しないうちに家を出る。ヤクザとの交流、霊視などは全くできず、占い師から占い方を学び、陽明学者安岡正篤氏との不可解な結婚とその遺族との争いなど。しかし、細木の天性の商人としての才能には感心してしまう。

ten_years_after at 22:29コメント(0)トラックバック(1) 
 

2005年03月02日

TBSラジオ「ストリーム」で、「この大きさにしては高い。」「味がどうも」とケーキ(だけでなく食べ物も)にうるさい小西克哉さんが珍しく絶賛していたので紹介します。
zuppaズッパ577円
代官山の有名イタリア料理店「リストランテカノビアーノ」の
デザートを味わえる店。
アールグレイで香りつけした赤ワインをゼリー状にして、中にはたっぷりのベリーが入っています。周りにはチョコレートを添えました。

カノビアーノ
東京メトロ銀座から徒歩5分。松坂屋も向かいにある小松ビル2階。



ten_years_after at 00:19コメント(0)トラックバック(1) 
その他 

2005年03月01日

ドッジボール(Dodgeball:A True Underdog Story)」2005年4月公開
ローソン・マーシャル・サーバー監督
ベン・スティラー主演
dodgeball
公開前はみんなドッジボールそんなもん映画になるのと馬鹿にしていましたが大ヒットしました。(ドッジボールはアメリカで1940代に体育教師が発明しました。)
もうドッジボールは大人のものです。大人のドッジボール団体があり、日曜日に公園でドッジボールをしています。ルールはボールが4つくらいの複数で、集中攻撃が基本です。テレビ番組もあり、ドッジというのは税金を逃れるという意味があり公認会計士だけのチームがある。ボディービルダーの「バーベルマフィア」は強くない。体の小さい騎手のジョッキーズや水着の女の子のチーム(手加減されるため)が強いです。内野の人がボールをキャッチすると外野の人が復活できる。発展系でサイドは使わないでボールを外野の人が戻れれば復活できるアメフト的な「デスボール」もある。
子供はほとんどの州で禁止されている。というのはボールが複数で、集中攻撃(ボンバーディング=集中爆撃)でいじめにつながるためです。いじめにつながるようなことを学校の授業でやることはいじめを許可していることとなるのでやらなくなった。1992年に東コネチカット州立大学の教育学者ニール・ウィリアムズ教授の論文で話題が起こったが、大論争になったのは1999年のコロンバイン高校銃撃事件(いじめられっこ2人が図書館にいたフットボール部のいじめっこ2人(1人死亡)を銃撃)で、その後同じようないじめられっこが家の銃を持ち出して学校に殺しに行く事件が次々起こり、因果関係は分からないがドッジボールは良くない事になった。一番売れてるスポーツ雑誌スポーツイラストレイテッドとでアメリカの体育の授業はそんなにへなちょこになったのかと、あまりにも民主主義的で、左翼主義的でそんなものに負けてたまるか。子供というものは元々いじめたりいじめられたりして成長するもんだ。タイムズ誌も同調した。しかし、ワシントンポスト紙は暴力的なテレビゲームを禁止する動きがあるのに実際の暴力を禁止しないのはおかしいと書いた。公開ディベートをテレビでやっていて、2001年が一番盛り上がっていたが、2001年の911テロの事件後校内銃撃事件がなくなりその論議は消えてしまった。あまりにもショックが凄かった。相対化されて消えてしまった。そのあとアメリカがやったことは弱小国家へのボンバーディングで、ドッジボールで育てられると弱いものいじめの平気な大人に育つという説は正しかったのではないでしょうか。禁止されたところ(メリーランド、フロリダ、ユタ、ヴァージニア、メイン、マサチューセッツ、ニューヨーク、ニュージャージー)は復活していない。ドッジボール自体が大人のものとして定着している。宗教上コンペッティブなスポーツが許されない人がたくさんいる。クエーカー教徒、モルモン教徒は戦うことを禁止されている。エホバの証人は格闘系のコンタクトスポーツがだめな宗教が結構ある。学校という国家的教育機関が押し付けることがいいのかどうかと昔から言われている。
(引用:TBSラジオ「ストリーム」04年7月6日、町山智浩氏によるリポートの要約)


最近コメディータッチの作品ばかり出ているベン・スティラー。かつて切なくてなんとも言いようのない素晴らしい青春映画「リアリティ・バイツ」を撮ったベン・スティラーはどこへ行ってしまったんでしょうか。 廉価版が売り切れなので取り敢えず画像を載せます。 続きを読む

ten_years_after at 22:40コメント(0)トラックバック(1) 
映画と社会 

2005年02月28日

win_actorL
ジェイミー・フォックスはゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞(主演男優賞)を受賞したときに祖母に涙ながらにお礼を言った。それを見て私も涙腺が緩んでしまった。祖母への思い、複雑な生い立ちをCBSテレビ、60ミニッツで語っていたのでその番組の要約を載せます。

ふるさとはテキサス州の小さな町テレル、その町は白人と黒人の居住地域が線路によって分かれていた。本名エリック・ビショップ。幼いころに当時60を超えていた祖父母マークとエステルの養子となる。母親も彼らの養子であった。生活苦の中、養母は必死にお金を工面しエリックにピアノのレッスンを受けさせた。13歳の頃、既に教会の音楽ディレクターとして収入を得ていた。地元では将来彼がスターになることを疑わなかった。高校時代「エリック・ビショップと過ごす午後」と題したショーを主催し物真似を披露していた。高校でフットボールのクオーターバックとして名をはせた。
mdf876442
近所に両親が住んでいたにも彼に全く関心を示さなかった。「自分に関心を持って欲しい。自分で言うのもなんだけど、なかなか出来た子だと思う。フットボールをやらせれば超高校級、学校の成績だってトップクラス。でも、たった40キロしか離れていないのに、そんな自慢の息子に一度も会いに来ませんせした。」とフォックスは語る。既に父親を追い求めることをやめたフォックスは母親との関係修復をしようと頭を悩ませている。「両親は僕との関わりを避けた。そんなことを僕はどんなに忙しくても娘との関わりを避けたりしない。」養母エステルさんに見守られて高校を卒業、大学に進む。すぐに中退してショウビズの世界に進む。アルバイトで靴屋の店員などもやった。91年テレビのコメディドラマ「イン・リビング・カラー」でゲイのワンダ役で大ブレイクした。その後、テレビ「ジェイミー・フォックス・ショー」は5シーズン続いて大人気だった。テレビ「HBOスペシャル」で物真似を連発。97年映画「ダブルデート」に主演。黒人を馬鹿にしていると有色人種向上協会、ハリウッド、ビル・コズビーやから批判を浴びた。「黒人だって自分たちを笑いのねたにしたって良い。そういうことをしたいと思わない人がいる。」と答えた。「エニー・ギブン・サンデー」のオーディションでオリバー・ストーン監督に「君のように棒読みしていたら、カメラを一秒たりとも回さない。」と言われ、フットボールをやっているビデオを見せて何とか合格し、主役を射止める。その演技が認められ続々とオファーが舞い込み、「アリ」では助演で良い演技を見せる。しかしレイ・チャールズほど意気込んでやった役はない。オスカー取れなくても
トム・ハンクスに会えたし、デンゼル・ワシントンとも話せたし、アル・パチーノに「もし賞を取ったら、心行くまで楽しめ。同時にエリック・ビショップだったことを思い出すんだ。自分がここまでたどって来た足跡をきちんと振り返って、気を引き締め直せ。」と声をかけられた。
「レイ」公開で80年代に出版されていたレイ・チャーズの自伝「わが心のジョージア―レイ・チャールズ物語」が日本でもやっと発売された。

4900901490.09

最近祖母であり、養母であるエステルさんが亡くなった。そのこともあって祖母への思いがより強いのではないかと思う。





B00074C4NU.09





お薦めサントラ:「スーパー・ベスト~オリジナル・サウンドトラック:レイ
ほぼ毎日、聞いています。

ten_years_after at 23:49コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

2005年02月27日

1、最有力アビエイター(The Aviator)」正確にはエイビエイターと発音する。
2005年3月26日公開
マーティン・スコセッシ監督(私の大好きな監督ではあるが、近年駄作が続いている。)
レオナルド・ディカプリオ主演
theaviatorvr2
大金持ちの息子で若くして莫大な遺産を受け継いだハワード・ヒューズを描いた作品。彼は買収して航空会社TWA(トランス・ワールド・エアライン)のオーナーとなり、アメリカでパンナムが独占していた国際線に参入した。戦争をするのと同じくらい金をかけて映画を作ったが失敗する。ハワード・ヒューズは強迫神経症で人と握手が出来なく、公衆トイレを使えなかった。キャサリン・ヘップバーン、エバ・ガードナー、ジョーン・クロフォードと浮名を流す。しかし、プレイ・ボーイではなかった。酒は飲めなくて、高級クラブでミルクを飲んでいた。女の人に触れられなく、手を洗いすぎて血まみれとなることもあった。ハーキュリーズ巨大輸送機を開発した。よく言えば「タイタニック」に出たディカプリオ風大作である。
受賞最有力の理由:大作で派手で話がハリウッド黄金時代のもので、マーティン・スコセッシがオスカーを取っていなかったこともあり、「アビエイター」ではないかと言われている。

2対抗ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)」2005年初夏公開
クリント・イーストウッド監督
ヒラリー・スワンク主演
milliondollarbaby
今この作品がアメリカで大問題になっている。ヒラリー・スワンクはボクサーの体になっていって、本当に殴り合いをしている。ずっとロッキーのようだなと見ていると、最後の30分で違うジャンルの映画になる。
この後ネタばれはしていませんが、少しネタばれのヒントとなる事柄が出てきますので、知りたくない方は読まないで下さい。
映画館の観客も驚いてエーっと言っていた。一貫性がないということも指摘されているが、後半部分が社会的に問題になっていて、右が2つにも左が2つに分かれて4つ巴大論争になっている。ワシントンポスト、ニューヨークタイムズも論争を報道しならないと言っているが、報道するとネタをばらすことになるから苦労している。尊厳死問題で、劇場前でピケや反対運動が起こっている。キリスト教右派は人の命を左右するのは神だけで殺人、自殺を禁止されているということを理由にこの映画に反対している。体に障害を持っている人たちが優遇されすぎていると彼らを嫌っている右翼がたくさんいて、その人たちは障害者への天罰だとこの映画を喜んでいる。左の人は映画は表現だから政治的批判をするのは良くないとしている人と、体が動けなくなった人達が死を選ぶのか、それは障害者は死ねってことかと差別的だと怒っている。その人達が具体的に抗議活動をしている。 クリストファー・リーブは肝細胞研究によって体を動かすことができるかもしれないと戦っていた。去年の大統領選でどこまで税金を使って基礎研究を進めるかが議論だった。その研究を進めていくと神の領域までいくことが出来、死んでしまう人も生き返ってしまうかもしれない、しかし、それは倫理的にどうかとキリスト教右派は反対している。税金を使って細胞操作をやるべきかが争点だった。もうひとつは肝細胞研究をする際、中絶された胎児の細胞を使う可能性があるため、ブッシュ政権とキリスト教右派は研究を進めることは中絶を認めることになると反対していた。マイケル・J・フォックス(現在パーキンソン病と闘っている。)は元々は共和党支持だったが、その研究で病気が治るかもしれないので研究推進派の民主党に転向した。肝細胞研究を何年か進めれば障害が完治して尊厳死はなくなるかもしれない。イーストウッドは過去にカルフォルニアでホテルを経営していて、アメリカでは車椅子で通れないところを作ってはいけないという法律があって、そのホテルが訴えられ、裁判で争い連邦の下院まで行ってイーストウッドは「この国は障害者に甘すぎる」と証言した。そういうこともあり身体障害者には嫌われている。「許されざるもの」に非常に似ていて、ころころ思っていたものと変わっていく。「許されざるもの」はイーストウッドが悪い奴を殺していく神の権利を代行していた。この映画も許されざる選択をする。ハリウッドが応援していた麻痺で戦ったクリストファー・リーブの行為を踏みにじる映画でもある。救いがない。ヒラリー・スワンクは不幸な役が合っている。
政治的構図
映画賛成派           映画反対
右派:障害者を嫌う人たち   キリスト教右派
左派:映画はあくまでも表現  障害者擁護派

3大穴サイドウェイ(Sideways)」2005年3月5日公開
アレクサンダー・ペイン監督
ポール・ジアマッティ主演
sideways
小津安二郎や黒澤明の影響を受けていて、前作「アバウト・シュミット」も父が娘に会いに行く小津の「東京物語」を参考にしている。撮り方もしっとりして松竹的で、山田洋次、森崎東監督が撮ったようで味わいがある。映画館に行ったら老人しかいなかった。








4、Ray(レイ)」2005年1月29日公開(公開中)
テイラー・ハックフォード監督
ジェイミー・フォックス主演
rayvr6
私は作品賞の中で公開中の2本しか見ることが出来ませんが、この作品がとても好きで、見ている最中ずっと泣いていました。ジェイミー・フォックスの歌が口ぱくなので評価が分かれている。









5、「ネバーランド(Finding Neverland)」2005年1月29日公開(公開中)
マーク・フォスター監督
ジョニー・デップ主演
findingneverland
「ピーターパン」の作者ジェームズ・バリをジョニー・デップが演じた。ピーターパンのモデルとなった少年とその兄弟と大人のバリが遊びながら「ピーターパン」の話を考えていく。ネバーランドと聞くと、マイケル・ジャクソンの屋敷のネバーランドを思い出してしまう。おまけに少年たちと遊ぶのが好きというと映画に純粋に入り込めない。






(引用:「アビエイター」の文は「ストリーム」05年1月4日、町山智浩さんのリポート書き起こし要約したものも含む。「ミリオンダラー・ベイビー」の文は同番組05年2月22日、町山さんレポート書き起こし、要約したもの。)



ten_years_after at 17:50コメント(0)トラックバック(1) 
映画 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!











サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。