2017年04月01日

2017年4月1日(土) 21時15分〜23時25分

フジテレビ

(1)ついに逮捕!朴氏を操った悪女と大統領が罪に堕ちた狂愛ゆえの過ち(2)クリントン不倫裁判“疑惑の5人"にいた密告者

おしらせ

「世界フィギュアスケート選手権2017 女子フリー・男子フリー」延長の際、放送時間繰り下げの場合あり。

番組内容

世界的に有名な事件の裁判に隠された衝撃の事実などを取り上げ、好評を博しているシリーズの第8弾。今回は「緊急スペシャル!裁かれた大統領」と題し、逮捕されたパク・クネと、彼女を洗脳したと言われているチェ・スンシルとの関係、またクリントン元大統領の不倫疑惑を巡る裁判の過程で明らかになった、ホワイトハウスに渦巻く欲望と裏切りの人間関係に迫る。パク・クネが逮捕され、今まさに混乱の極みにある韓国。番組では、なぜ今回の事件が起こったのか、パク・クネとチェ・スンシルとの出会いから振り返っていく。さらに、事件が発覚するにあたり、影の大統領と言われたチェ・スンシルが犯した1つのミスや、彼女と巨大企業・サムソンとの関係性などについて、最新情報を交え紹介していく。アメリカ史上最も注目を集めたと言っても過言ではない、およそ20年前のクリントンの不倫裁判。番組では、4000ページにも及ぶ裁判資料を入手、そこからクリントンとモニカの「不適切な関係」がどのように始まったのか、さらに、クリントンとモニカの周囲にいた人物の中から、密告者の存在を浮き彫りにしていく。

出演者

MC
宮根誠司  加藤綾子
 
ゲスト

高橋英樹  三田寛子  伊集院光  カンニング竹山  岡副麻希  町山智浩(裁判ウォッチャー)

ten_years_after at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
テレビ 

2017年03月31日

吉田照美飛べサル[最終回]4年間ありがとう!ロバは飛んでいく!

同時間帯はデイキャッチがどーんと構えていて聴取率も獲れなかったのかとは思う。有楽町のほうは東京新聞長谷川、宮崎哲弥、有本香、高橋洋一、かつては勝谷誠彦、青山繁晴といった安倍バンザイのコメンテーターばかりでネトウヨホイホイのような番組でどのくらいの人が聴いているのかは気になる。

本日最終回ということで、ワイド番組としては終わってしまうけれども、土曜日の番組は続くようだ。土曜日の番組で伊東四朗が時事問題、特に政治のニュースに関してはコメントが全くダメなので聴いていて嫌になる。伊東四朗の話が面白いとは思えない。

オープニングに政治ネタを話していたけれど、局の意向なのかどんどんと後のコーナーに追いやられてしまった。文化放送も産経グループなので配慮があったのだろうか。アーサーさんのコーナーは後の番組で引き継がれる。コメンテーターを見ると、後番組になったからといってリスナーがこれまでよりも増えるとは思えない。

福井謙二の番組がやっと終わった。番組を持つにしては個性がないし、つまらない。

文化放送はアイドルの番組と声優の番組しか売りがなくなってしまった。

FMの日曜朝というところにいってしまうけれど、そこではニュースも扱うと書いてある。



ーーーーーーー

2017年04月02日〜

毎週日曜日 9:00〜11:16

TERUMI de SUNDAY! 

BAY FM

吉田照美/中村 愛

アナウンサー、DJとして長年のキャリアを通じ不動の人気を誇る”吉田照美”が、bayfmに初登場です!
FMラジオで“生”放送は、キャリア史上“初”。人生、そしてDJとしても大ベテランが、週末の日曜日、その一週間の様々な出来事、ニュースを、独自の切り口で、面白く、時には厳しく、振り返ります。
アシスタントはお馴染み!”中村愛”。絶妙な突っ込みで展開していきます。
はたしてどんな番組になるのか、乞うご期待です!

http://bayfm78.net/201704new/terumi.htm

ten_years_after at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 
ラジオ 

2017年03月25日

2017年3月25日(土) 26時15分〜27時15分

フジテレビ

ドキュメンタリー映画『選挙』で世界的に評価を得た想田和弘監督。アメリカで学生と映画制作中、トランプ大統領が誕生する。その波紋が彼の周辺にも押し寄せる。

正式タイトル

映画作家・想田和弘 アメリカを“観察"する<フジバラナイト SAT>

番組内容

想田和弘(46歳)。アメリカ在住の映画作家。ニューヨークを拠点にドキュメンタリー映画を発表し続けている。“観察映画"と称する、ナレーションなし、テロップなし、音楽なし、という独特のスタイルで制作した作品は、世界で高い評価を受けている。想田は今、アメリカ北部にあるミシガン州の名門大学、ミシガン大学で教壇に立ち、13人の学生と2人の教師とともにドキュメンタリー映画を制作している。撮影したのは、アメリカ最大のアメリカンフットボール場、ミシガン・スタジアム。通称“ザ・ビッグ・ハウス"。全米が注目する試合の舞台裏を、それぞれの視点で“観察"した映画だ。その映画の制作中、衝撃的な出来事に遭遇する。共和党のトランプ大統領の誕生だ。 その波紋が想田の周辺にも、さざ波のように押し寄せる。 日本のドブ板選挙を追ったドキュメンタリー映画『選挙』で、伝統あるピーボディ賞を受賞した想田和弘監督が、今のアメリカを“観察"する姿を追った。

出演者

想田和弘(映画作家)

ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
テレビ 

2017年03月21日

2017年3月21日(火) 23時00分〜23時54分

BS朝日

知っているようで知らないアメリカの“今"を、映画評論家・町山智浩が、ショウビズの視点から解りやすくひも解く、新たなエンタテイメントプログラム第6弾!

番組内容

アメリカでトランプ新大統領が誕生して2カ月あまり。アカデミー賞ではハリウッドセレブ達から彼に対する批判や風刺が相次ぎました。トランプ政権はアメリカ国内の“不法移民"を締め出そうとしていますが、アメリカはそもそも移民が集まってできた国…そして、この場合の“不法"ってどういう意味なのでしょう?日々変わってゆくアメリカ社会の“今"を、人気映画評論家でありコラムニストの町山智浩が、現地カリフォルニア州からお届け!最新の全米ヒットムービーも、ちょっと辛口だけど分かりやすい“町山節"で徹底解説します。

出演者

町山智浩(映画評論家)、藤谷文子(女優)

番組概要

日々変わってゆくアメリカの姿を、希代の人気映画評論家であり、コラムニストの町山智浩が、カリフォルニア州からお届け。政治や社会情勢とショウビズ界の密接な関係を辛口だけど解りやすい“町山節"で徹底解説!

www.bs-asahi.co.jp/machiyama-now/


ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月05日

2017年03月05日(日)14時〜

下北沢B&B

石井千湖×大森望×佐々木敦×杉江松恋×豊崎由美

ust中継:

http://www.ustream.tv/channel/tb-2015?utm_campaign=ustre.am&utm_source=ustre.am%2F1lZBp&utm_medium=social&utm_content=20170304220003


ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
 

2017年02月27日

WOWOWプライム


レッドカーペット生中継!第89回アカデミー賞授賞式

2017年2月27日(月) 9時00分〜10時00分

世界最高峰の映画の祭典「第89回アカデミー賞授賞式」を前に、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターから、「映画工房」のMCでもある女優・板谷由夏がレッドカーペットを歩くスターの晴れやかな表情や周囲の熱気を生中継で伝える。 このあと午前10:00から授賞式の模様を生中継する。作品賞、監督賞、主演男優賞などの発表の瞬間を、案内役のジョン・カビラと高島彩が東京のスタジオから紹介していく。

案内役

ジョン・カビラ、高島彩

レッドカーペット・レポーター

板谷由夏、尾崎英二郎

ゲスト

斎藤工、町山智浩、大友啓史

収録日/場所

2017年2月26日/アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス ドルビー・シアター


生中継!第89回アカデミー賞授賞式

2017年2月27日(月) 10時00分〜15時00分

アメリカ・ロサンゼルスで開催される世界最高峰の映画の祭典「アカデミー賞授賞式」。ジョン・カビラ、高島彩を案内役に、現地の模様をお届けする。

番組内容

世界最高峰の映画の祭典「第89回アカデミー賞授賞式」の模様をアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより中継する。作品賞、監督賞、主演男優賞などの発表の瞬間を、案内役のジョン・カビラと高島彩が東京のスタジオから紹介。 授賞式の司会はコメディアンで司会者のジミー・キンメルに決定。彼は、アメリカで人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!」のホストも長年務めており、2012年と2016年のエミー賞で司会を務め高い評価を受けた。そんな話術にたけた彼がどのような名司会ぶりを発揮するのかも見どころの一つ。 2月27日(月)午前10:00からの生中継では同時通訳による二カ国語放送を実施。また、同日夜9:00からは字幕版をお届けする。第87回、88回と2回連続で主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞のノミネート者が全員白人だったことから“白人至上主義"と批判されたアカデミー賞。主催する映画芸術科学アカデミーも重く受け止め有色人種の会員を増やすなどこの1年で改革を行なってきた。アメリカの世相が賞や映画界の行方に影響を与えるのかどうかも注目される。

授賞式司会

ジミー・キンメル

案内役

ジョン・カビラ、高島彩

レッドカーペット・レポーター

板谷由夏、尾崎英二郎

ゲスト

斎藤工、町山智浩、大友啓史

収録日/場所

2017年2月26日/アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス ドルビー・シアタ



ten_years_after at 06:00コメント(0)トラックバック(0) 
テレビ 

2017年02月26日

1月24日にノミネートが発表された。

これまでは1部門に5作品/名だったノミネーション。今年からは1部門につき6作品/名に増やされた。

2月25日(アメリカ時間)に発表された。

(★が受賞作品/受賞者)

最低作品賞



「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「ダーティ・グランパ」
「キング・オブ・エジプト」
★「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」
「ズーランダー No.2」

最低主演男優賞

ベン・アフレック(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)
ジェラルド・バトラー(「キング・オブ・エジプト」「エンド・オブ・キングダム」)
ヘンリー・カヴィル(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)
ロバート・デ・ニーロ(「ダーティ・グランパ」)
★ディネシュ・ドゥスーザ(「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」)
ベン・スティラー(「ズーランダー No.2」)

最低主演女優賞

ミーガン・フォックス(「ミュータント・ニンジャ・タートルズ : 影<シャドウズ>」)
タイラー・ペリー(「Boo! A Madea Halloween」)
ジュリア・ロバーツ(「マザーズ・デイ」)
★ベッキー・ターナー(「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」)
ナオミ・ワッツ(「アリージェント part1」「Shut In」)
シェイリーン・ウッドリー(「アリージェント part1」)

最低助演男優賞

ニコラス・ケイジ(「スノーデン」)
ジョニー・デップ(「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」)
ウィル・フェレル(「ズーランダー No.2」)
★ジェシー・アイゼンバーグ(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)
ジャレッド・レト(「スーサイド・スクワッド」)
オーウェン・ウィルソン(「キーファー・サザーランド(「ポンペイ」)」)

最低助演女優賞

ジュリアン・ハフ(「ダーティ・グランパ」)
ケイト・ハドソン(「マザーズ・デイ」)
オーブリー・プラザ(「ダーティ・グランパ」)
ジェーン・シーモア(「Fifty Shades of Black」)
セーラ・ウォード(「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」)
★クリステン・ウィグ(「ズーランダー No.2」)

最低2人組賞

★ベン・アフレックと永遠のライバル、ヘンリー・カヴィル 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』)
エジプトの神や人間たち、誰でもいいから2人『キング・オブ・エジプト』
ジョニー・デップと吐きそうなほど派手なコスチューム 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
昔は尊敬されていた出演者たち 『素晴らしきかな、人生』
タイラー・ペリーと使い古しのかつら 『BOO! A Medea Halloween(原題)』
ベン・スティラーとどうにかこうにか面白い友達オーウェン・ウィルソン『ズーランダー NO.2』



最低前日譚、リメイク、パクリ、続編賞

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
★「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」
「Fifty Shades of Black」
「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」
「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>」
「ズーランダー No.2」


最低監督賞

★ディネシュ・ドゥスーザ&ブルース・スクーリー「「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」」
ローランド・エメリッヒ「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」
タイラー・ペリー「Boo! A Madea Halloween」
アレックス・プロヤス「キング・オブ・エジプト」
ザック・スナイダー「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
ベン・スティラー「ズーランダー No.2」


最低脚本賞

★「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
「ダーティ・グランパ」
「キング・オブ・エジプト」
「「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史(Hillary’s America: The Secret History of the Democratic Party)」」
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」
「スーサイド・スクワッド」


「ズーランダー No.2」9ノミネート
「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」8ノミネート
「ダーティ・グランパ」5ノミネート
「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」5ノミネート
「ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史」5ノミネート

名誉挽回賞

★メル・ギブソン「ハクソー・リッジ」

The Barry L. Bumstead Award(コストパフォーマンスが悪い映画に)

「ブラック・ファイル 野心の代償」(シンタロウ・シモサワ監督)


ベン・アフレックは最低主演男優賞で弟のケイシー・アフレックはアカデミー賞主演男優賞候補になっているという対比でよく語られていた。

アカデミー賞に対するアンチで冗談みたいな賞だが、トランプが大統領になったことに対する政治的メッセージになった。例年通り、滑ったコメディをワーストに並べてしまうのはどうかと思う。

作品賞は「ヒラリーのアメリカ」以外の候補作は公開されているが、「バットマン」「インディペンデンスデイ」が候補になるのはなって当然ではある。「ダーティ・グランパ」はコメディというよりも下品なだけだった。「スーサイド・スクワッド」は興行的には良かったけれど、期待させてああもつまらない作品にしてしまったのは残念でならない。「キング・オブ・エジプト」は結末はつまらないけれど、言われているほど悪くもなく、神と人間の見分け方の発明というのが良くて最後まで見られる。

最低助演男優賞候補のニコラス・ケイジは出演時間が少なく候補になるのはちょっと酷な気がする。


ten_years_after at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

2017年02月19日

2017/02/16(木)

エンターテインメントを楽しむための深掘りトークプログラム「WOWOWぷらすと」

日本時間の2/27(月)に迫った第89回アカデミー賞。
今年のノミネーション作品を徹底解剖!
本日は作品賞と監督賞について語ります。

nakai



















MC:中井圭

uno



















matsuzaki




























ゲスト:宇野維正、松崎健夫



宇野:作品賞で今年は何でノミネートされているのかというのが1本しかなかった。

松崎:メル・ギブソンは俳優が監督の先駆け。受賞監督はロバート・レッドフォード、ケヴィン・コスナーと3人目だけれども俳優が監督した作品に偏見はなくなった。当時の「ブレイブ・ハート」は本命ではなかった。



メッセージ」の予告編



宇野:ドゥニ・ヴィルヌーヴ。「ブレードランナー 2049」「砂の惑星」が控えている。「メッセージ」はメジャースタジオではないところで作られたSF作品。それで評価が高くて興行的にも凄く成功した。デヴィッド・フィンチャー以来の稀代の映画監督。

宇野:トランプが当選した次の週に公開されてたけど、この作品を見ろというほかの作家が言っていた。異文化とどうやって分かりあうのかというテーマ。原作者のテッド・チャンは文学的なSF小説家。読まないで見たほうが良い。



松崎:映画見てから読むと1ページ目から号泣しちゃう。読んだ時には想像つかない。図説までしているのに交信しているやり方は想像しかない。それが映画になっている。

宇野:小説が読みたくなる。映画で全てが説明されているわけではないので理想的な補完関係がある。「未知との遭遇」「コンタクト」にも引けを取らない。去年、東京国際で見て来年のベスト決まったなと思いました。



続きを読む

ten_years_after at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 
映画 
Archives
Google
カスタム検索


Books

bk1は大きめの本などではアマゾンよりも配送が早くて便利です。
Music
DVD
DMM.com CD&DVDレンタル
オンラインDVD&CDレンタルなら月々2068円で借り放題のDMMがお得!











サウンドトラック
レンタル


     Museum
国立新美術館

国立近代美術館

国立西洋美術館

東京都美術館

東京都現代美術館

東京都写真美術館

東京国立博物館

国立科学博物館

東京藝術大学 大学美術館

ザ・ミュージアム - Bunkamura

六本木ヒルズ 森美術館

森アーツセンターギャラリー

サントリー美術館

三菱一号館美術館

ブリヂストン美術館

パナソニック 汐留ミュージアム

損保ジャパン東郷青児美術館

東京オペラシティアートギャラリー

江戸東京博物館

府中市美術館

東京富士美術館

世田谷美術館

大倉集古館

練馬区立美術館 

横浜美術館

そごう美術館

神奈川県立近代美術館

鎌倉国宝館

平塚市美術館 

ポーラ美術館

千葉県立美術館 

ホキ美術館

DIC川村記念美術館

上原近代美術館

山梨県立美術館

茨城県近代美術館

MOA美術館

名古屋市美術館

名古屋ボストン美術館

愛知県美術館

京都国立近代美術館

京都国立博物館

国立国際美術館

あべのハルカス美術館

奈良国立博物館

金沢21世紀美術館

ルーヴル美術館 

オルセー美術館

ウィーン美術史美術館

プラド美術館

ウフィツィ美術館

ヴァチカン美術館

大英博物館

ナショナル・ギャラリー

アムステルダム国立美術館

エルミタージュ美術館

メトロポリタン美術館

ニューヨーク近代美術館

シカゴ美術館

ワシントン ナショナル ギャラリー

ボストン美術館
お知らせ
コメント、トラックバックはスパム対策の為、確認させていただいてからの表示となります。投稿されてから時間をおいての表示となりますが、ご了承下さい。

関連性のないものは反映されません。
 





Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。